ホンダ製のスティードを売ったときの話をします。

なんで売ろうと思ったの?

付き合ってた、彼女を後ろに乗せる事に、恐さがあったから。
また、雨の日や冬の不便さが大きく、四輪の快適性を羨ましく思っていたのも大きく影響あった気がする、、
荷物も持って行けず、遠出する時には、ものすごく重いリュックを背負って、運転
していました。
後、遠出をしすぎて、帰りもバイクかと思うと気が重くなった事もありました。
維持費が安くて、移動も早いバイクだけにしたのがそもそものミスだなって思いましたね。
おまけに駐車場がないので、逆に不便と感じることも多かったです。

 

なので、車も、バイクも維持するお金の余裕もないので、売ることにしました。

 

 

じゃあ、どうやって売ったの?

レットバロンに売りに行きました。
もともと、購入もレットバロンだったので、単純にそこにしました。
売った金額は3万円でした。

 

もう少し高く売れたと思うのですが、
反省点になりますので、下で説明します。

 

実際売ってどうだったか

今後バイクを買おうと思ってもレットバロンは使わないと思います。
あまり親身になってくれないと感じたからです。

 

理由は、他のバイク会社への悪い内容を一方的に話していたからです。
もともと、購入時も不快に感じていましたが、
それよりもバイクが早く欲しいという欲が強く即決しました。
ただ、売るときはより不快に感じました。

 

トラブルについて

バイクを乗っていた時のトラブルとしては、どうしても渋滞時に路肩や二車線の真ん中を
走行する事ができ、スレスレですり抜ける事もあるので、四輪から不快に思われ、煽られる
などのトラブルはありました。
特にその他でトラブルがあった認識はありません。

 

スティードを売りたいって思ってる人へ一言

売った金額として3万円と言いましたが、下取りを依頼して置いて、自分から3万円だったら
いいなと業者側に伝えました。

 

これが、売ったときの一番の反省点だったと思います。
今思うと、もう少し高く売れていたのではないかと後悔しています。

 

しかし、売った当時は、車検も間近で購入してから約2年間オイル交換を一回もしていなかった為、
値段は付かないのでは無いかと勝手に思い、3万円でも売れればいいやと考えて、価格を伝えました。
そこで、業者から『厳しい価格ですが、何とか3万円で買い取らせて頂きます』と翌日に連絡があり、
そのまま3万円で売りました。

 

売った後に、友人などから、もっと高く売れたんじゃないのかと言われたため、そこで初めて安易に
自分から言ってしまったと思いました。

 

バイク王で今すぐ無料査定する!