YAMAHAのXJを売った体験談

早速ですが、私のバイクを売った経験談を書きたいとおもいます。

 

バイクを売ったことは一回あります。型式はヤマハのXJです。だいぶ古くなり、
普通自動二輪の免許も取得したので、
今あるバイクは不要になり、持っていても維持費がかかりますし、
エンジンもかかり辛くなってしまうので、売ることにしました。

 

売る方法は簡単でした。
購入した店舗に買い取って欲しいと一本電話をすれば、引き取りに来てくれます。
店舗はレッドバロンです。ここはバイク購入時にオイルリザーブシステムというサービスをつけ、
バイクを売る時にそのあまったオイル分も買い取ってくれるシステムとなります。

 

なので、これは他の店舗では売らせないための術であるということも見て取れます。
価格はその場で査定されます。

 

出張買取に来た人間がバイクの状態を見て、
値段を決めます。査定は3分くらいでしょうか?
ブックオフで本を売るような感覚でした。

 

価格は15万円でした。
自分の感想としては、まぁこんなものだろうという感じです。
でも、購入した金額が55万円だったので、値段として、16分の1、結構な低下具合です。

 

もう少し高ければ良かったかなぁという気持ちもありました。
まぁ、3年くらい乗っていましたし、外見も結構傷んでいましたし、シートも剥がれかけていたので、逆に15万円の値段がついただけでも良しとしようと、切り替えました。

 

また、引き取りや廃棄の手間を考えると買い取ってもらえて、
後のことはやってくれるので、そういった手間賃を考えれば、別のコストをもってくれているから、それでいいと思いました。

 

こうして、何のトラブルも無く、お世話になった戦友は軽トラに乗せられて去っていきました。
新しい乗りてを見つけて欲しいという親心もありました。
少し切なくなりましたが、その後、新しい相棒を見つけ、今もそのバイクに乗っています。

 

後々振り返ると、買取に際はやはり値段交渉をするべきだと思いました。
相手の言い値で買われることは、相手の言いなりですし、
相手も多少の値段交渉の余地を残して金額を提示しているに違いありません。

 

まず、他社で売った場合どうなるのか?
オークションにかけた場合どうなるのか?
そのバイクの市場価値を明確にしてから、売却すべきだと思いました。
以上がバイクを売った時の体験談です。

 

あと、5万円高く売る管理人オススメのバイクの売却方法はこちらです!